注射をするときに必要な選び方の知識と注目されている理由

注射でエラを小さくできる

注射を打つ人

筋肉を弛緩させる作用

美容整形で使われるボトックス注射は、多汗症予防や小ジワ解消に使われることが広く知られています。それ以外にも小顔になるためにも一役を買っているのです。幅広い用途に使われているように見えますが、実はボトックス注射の作用はただ一つです。それは、筋肉を弛緩させることにあり、汗腺の働きを抑えることで多汗症予防、顔の筋肉を緩めることで小ジワ解消に繋がります。小顔と筋肉の弛緩は一見すると無関係のように見えます。多くの人々が顔の大きさで悩んでいる部位というとエラで、大きく張っていればいるほど顔が大きく見えてしまうのです。そのエラこそが『咬(こう)筋』と呼ばれる筋肉で、漢字の通り食べ物を咬んだり、喰いしばったりするのに使われます。その咬筋にボトックス注射を注入すると、筋肉が弛緩します(ただ勘違いしてはいけないのは、咬筋を弛緩させると言っても日常生活に悪影響を及ぼさないほどに弛緩させるだけで、普段の食事に悪影響を及ぼすことはありません)。弛緩するとすぐにエラがなくなるというわけではありませんが、筋肉は使わなければ細くなっていく性質があるため、次第にエラが小さくなっていきます。つまり、小顔になるわけです。注射をするだけで小さな顔になれる気軽さ、比較的費用を安く済ませられる経済性などの理由から、多くの女性の間で注目されている美容整形がボトックス注射です。また、咬筋を弛緩させることができるため、睡眠中の歯ぎしりも解消される効果も期待でき、それを目的に利用される人も少なくありません。

小顔のためのボトックス注射の施術方法は至って簡単です。まず、医師と相談しながら利用者のエラの状態を見つつ注射の本数を決め、エラの部位に消毒をして注入していくだけでそれ以上することはありません。あとは体内でボトックスの効果が表れるのを待つだけだからです。もちろん注射なのでチクリと小さな痛みはありますが、それにも抵抗があるという人は事前に医師に相談しておくことをオススメします。美容クリニックによっては注入部を冷却したり、皮膚麻酔することで注射の痛みを取り除いてくれるところも少なくありません。施術時間は30分前後ほどで終わり、痛みが残ったり腫れたりすることもないため、施術した日に帰宅することができます。事前にカウンセリングや手続きを済ませておけば、会社帰りに利用することも十分に可能となっています。ただ、もし何かしらのイベントの日(結婚式や成人式など)に合わせて小顔にしたいとお悩みならば、そのイベントの日の1か月前には施術しておいた方がいいでしょう。なぜならば、ボトックス注射をしてから少しずつ効果が表れていき、約3週間から1か月かかるからです。そのため、具体的な目標がある場合は、施術する前に医師としっかりと話し合って的確なスケジュールを組むように心がけると良いでしょう。この少しずつ効果が表れるのもボトックス注射のメリットの一つであり、変化の途中に痛みや発熱などがほとんどなく日常生活に支障をきたすことがありません。利用者に働いている女性が多いのもこの点が大きいと言えるでしょう。

Copyright© 2020 注射をするときに必要な選び方の知識と注目されている理由 All Rights Reserved.