注射をするときに必要な選び方の知識と注目されている理由

顔を小さくしたい

受付

効果と知っておきたい事は何か

芸能人の女性を見ると、小顔の人が多い傾向にあります。テレビで見てもそれほど気がつかないのに、実物を見ると非常に顔が小さく人間離れの見た目をしている人も少なくありません。なぜそのような人が芸能人になるかと言えば、同性や異性からも小顔が好まれている傾向があるからです。当然それに憧れて、自分も小さな顔になりたいと考える人もいるはずです。顔を小さくするためには、いくつかの方法があります。もし太っているとするならば、体重を落とすことで一回り小さくできるかもしれません。ですがもともとエラの部分の筋肉が発達している場合にはボトックス注射などを打つことで問題を解決できるかもしれません。ボトックス注射の効果を見ていくと、注射を打った当日にはほとんど変化がないことが理解できます。そのため、当日の結果を見て効果がないと判断してしまうのは早計でしょう。実際に効果が出始めるのは、注射を打って3日目位からとされています。この時3日目で突然顔が小さくなるわけではなく、少しずつ小さくなっていく傾向があります。やがて1週間ぐらいすると、1番効果が発揮される時期と言えるでしょう。その状態がいつまで続くかと言えば、3ヶ月ほど続く傾向にあります。人によってはそれより長い針が短い場合もありますが、完全に効果が消えるまでは大抵半年ぐらいはかかると考えて良いでしょう。よく誤解されているのは、注射を打てば一生涯小顔の状態でいられるといったものです。ボトックス注射は半年程度が効果の期限になるため、クリニックなどでその効果の持続期間を事前に確認をしておきたいところです。

ボトックス注射を打ち小顔にする場合、その効果を期待してたくさんの量を打てばより顔が小さくなると考える人もいます。確かに理屈的に考えれば、たくさんの量のボトックスを裏の部分に打ち込んだ方が、顔が小さくなりそうです。しかし現実には、量に比例して小顔になるわけではありません。ある程度までは、ボトックスの量に比例して小顔になる傾向があります。しかし一定の限度を超えてしまうと、今度は逆効果が出る可能性が高いです。つまり副作用と呼ばれるものが発生するかもしれません。これはボトックスの役割を考えれば理解できるはずです。もともとボトックスとは、筋肉を麻痺させるものになります。そのため、適当に打つ場合には筋肉が少し麻痺していき結果的に筋肉の動きがなくなるため細胞自体が減少していく傾向にあります。しかしこれを遅すぎてしまうと、麻痺する割合が高くなり口の部分の筋肉が動かしにくくなるでしょう。そうすると、話をする時も口がうまく閉まらない状態を体験するかもしれません。あるいは食事をする時、口がうまく閉まらず苦労することもあり得るでしょう。このように考えれば、とにかくたくさんの量を打てば良いわけではなく、やはり適量と呼ばれるものを意識する必要があります。もちろんこの点に関しては、医者がよく心得ていますので、医者の言うことを聞きましょう。仮に1回打っただけで効果が出ない場合もありますが、この場合はクリニックによっては2回目を格安で施術をしてくれる場合もありますので医者とよく相談してみることが重要になります。

Copyright© 2020 注射をするときに必要な選び方の知識と注目されている理由 All Rights Reserved.